美白&保湿ケア|しみ、そばかす・くすみ・しわ・たるみ

しみ、そばかす・くすみ・しわ・たるみなどの悩みを持っている方や肌荒れや、乾燥などの肌トラブルを持っている方など、ほとんどの女性が、自分お肌に、何かしら問題を抱えていると思います。そんな女性に、少しでも役に立てる情報を提供する事が出来たらと思い、このサイトをつくりました。

色々な肌を見てきた、美容部員の目線で、肌の悩みを解決出来るような情報を発信していきます。綺麗な肌でいるために、お役に立てて頂ければ嬉しいです。

しみ、そばかす・くすみ・しわ・たるみ

美白ケア

美白化粧水

美白化粧水

ここ数年で、かなり美白の人気が高くなっていると思いますが、間違った美白ケアをしている方も少なくありません。夏だけ美白ケアをすれば良いと思っている方も多いと思いますが、紫外線などに反応して、表皮まで出てきてしまったメラニンを抑えるより、表皮に出てこないような美白ケアの方が、肌の負担も少なく、手軽に出来ます。UVケアは当然ですが、毎日のスキンケアに美白ケアを入れていきましょう。

美白化粧品は、毎年新しい商品が販売され、新しい成分も発表されています。CMなどを見てみると、これは新しくて効果がありそうだと感じる気持ちは分かりますが、新しいものばかりに飛びつくのではなく、本当に美白に効果があり、自分お肌にあったものを選びましょう。強い成分で美白が出来る肌や、ゆっくり優しく美白するべきの肌など、肌には、個人差が大きいです。

30代の美白効果のある化粧水選び方

20代ではなかった肌トラブルも、30代以降になると、シミやくすみが気になりだします。美白効果の高い化粧水を選ぶようになるでしょう。シミやくすみの原因の一つは乾燥によるものが多く、これを予防するためにも保湿は必要不可欠です。

敏感肌の美白ケア法

美白化粧品の場合、保湿効果が余り無く、刺激が強いものが多いのです。敏感肌の人にとっては、刺激の強い化粧品は使用できません。そして、美白というからには、美白成分を肌の奥まで浸透させるため、肌が乾燥しやすいのが問題で、敏感肌の人には不向きです。

混合肌の美白ケア法

目元や口元が乾燥し、額から鼻・顎等のTゾーンと呼ばれる部分には皮脂が多い混合肌の人がいます。このような混合肌の人は、皮脂が多い部分には、美肌成分が肌の奥まで浸透しにくいのです。また、肌の乾燥部分には紫外線などの外部刺激にメラニンが過剰に生成し、美白効果が現れにくいのです。このような混合肌の人の美白効果は難しいですが、肌の状態に合ったケアをすることにより、美白ケアの効果は期待できます。

しみ、そばかす

しみ、そばかす化粧品

個人的に、しみ、そばかすに悩んでいる方は、少し諦めてしまっている方が、多い気がします。たしかに、しみ、そばかすなどは、すぐに効果を感じる事は難しい悩みの1つです。しかし、自分お肌に合わせて、しっかりケアをしていけば、少しずつ薄くなり、完全に消すとまではいかなくても、ほとんど目立たないところまでは、ケアする事が可能です。最近では、ハイドロキノンなどの、皮膚科で使用されているような効果の高い成分も含まれています。化粧品メーカーが、安全性を確保して化粧品に応用していますので、安全にしみ、そばかすケアがで来ます。

目元にできるシミやそばかす

目元の皮膚は薄く、少しの刺激でシミやそばかす等の肌の状態が悪くなるので、スキンケアの際には注意する必要があります。

妊娠と産後のシミ

妊娠するとホルモンバランスが変わります。エストロゲンやプロゲステロンが増加して、メラニンの多い状態になるため、シミが出来やすくなるのです。

にきびの跡がシミになる原因

にきびややけどの跡が茶色くシミになって残ってしまうことを、炎症性色素沈着と言います。かさぶたの下がこのような状態の時も同様です。しかし、子どもや若いうちに出来た傷跡のかさぶたの下に出来たものは、皮膚代謝が活性化しているので、残ることは殆どありません。

くすみケア

くすみ化粧品

くすみは、シミやそばかすに比べれば、効果を出す事は、それほど難しくありません。くすみにも原因が色々あるので、自分の肌の、くすみの原因を見つけましょう。紫外線などによる、メラニンの過剰反応や、乾燥による肌のくすみ、酸化によるくすみなど、くすみの原因も様々です。くすみの原因も大事ですが、しみ、そばかすケアと同じく、自分お肌に合わせたケアが1番大事です。乾燥肌や、刺激に弱い肌に対して、無理に強い美白成分で、お手入れしても逆効果に繋がりますので、注意してください。

美白の洗顔方法

肌がくすみがある場合、美白化粧品と同様に人気があるのが、洗顔のくすみケアです。顔全体のくすみは、女性にとって悩みの一つでしょう。このくすみの原因は、角質トラブルによるものと皮膚の表面に洗顔後でも残ってしまった汚れや脂分によるものです。

地黒の人の美白ケア

普通の肌より、地黒の人はメラニン色素が多いのです。メラニン色素の量は、遺伝などで決まっているのですが、メラニンの働きを抑制し、美白ケアすることは可能です。

保湿ケア

セラミド

セラミド化粧水

セラミドは美肌にするために、何より大切な成分です。バリア機能のあるセラミドは、敏感肌、乾燥肌の方にとって、とっても頼りになる成分です。そのため、最近では保湿系の化粧品にはセラミド配合のものが少なくありません。ただ、セラミドといっても種類類がいくつあり、本当に効果のあるセラミドを選ばなければいけません。

しわ、たるみケア

しわ・たるみ化粧品

30代後半から40代になると「シワ」や「たるみ」が気になり始めます。見た目の年齢も目元の小じわやほうれい線、顎のたるみなどで、実年齢より上に見えてしまうのは悩みの一つとなります。これらの原因として、加齢や紫外線などの外部からの刺激により、肌の保湿力は低下します。シワやたるみのケアには、内側から角質層の奥から潤いを補うセラミド配合の化粧品が最適です。これらのケア化粧品はいくつかありますが、セラミド配合の次の2つを選びましょう。
・ヒト型セラミドが配合されているもの。
・ナノ化している微細なもの。

合成や植物のセラミド成分は、人の肌に馴染みにくいものです。従って、微細であるナノ化しているセラミドでは、角質の隙間に入り込むようになっています。このセラミドにより、ハリや潤いを逃さないためにも、紫外線などの外的な刺激や乾燥を肌から守ることが必要なのです。

「目元の小じわ」について

年齢を重ねていくと目元の小じわが気になってきます。また、この小じわにより、実年齢の老けて見えてしまいます。目元の小じわの原因として、肌乾燥・紫外線などの外部からの刺激・十分でない保湿が関係しています。特に外部からの刺激を受けて、肌の角質層の乱れが目元の小じわに影響を与え、乾燥肌になり、角質層が乱れ、十分な潤いが保持できなくなるという悪循環を繰り返します。このような悪循環を繰り返さないためには、保湿のある滑らかな角質層を保持することがエイジングケアには欠かせないのです。

ほうれい線について

ほうれい線は、肌の衰えと共に出来やすく、見た目にも年齢が老けて見えます。肌を蘇らせるためにコラーゲンの生成させる能力を向上させること、更に頬の筋力を鍛えることで、更にほうれい線を改善させる事が出来ます。肌にシワやハリがなくなっている原因は、コラーゲンの減少からです。つまり、コラーゲンを生成する能力が低下しているからです。

顎のたるみについて

顎のたるみの原因は、肌のハリや弾力が失われることで、顔面の皮膚が緩み、顔全体が浮腫んで見えてしまいます。こられに効果的なのは、コラーゲンです。コラーゲンが年齢と共に減少することにより、ハリや弾力を失い、顎のたるみの直接的な原因となってしまうのです。

敏感肌

敏感肌の化粧水

花粉による肌荒れの原因

花粉が多い季節になると、花粉アレルギーを持っている人は無論、アレルギーがない人も、敏感肌や乾燥肌の人には、花粉の刺激が原因となり、肌が荒れて悩む人は多いのではないでしょうか。花粉による肌荒れは、花粉に触れたことによる炎症を引き起こします。そして、乾燥肌の人は肌の角質層の乱れに繋がり、悪循環となります。

敏感肌人用の化粧水

刺激に弱い敏感な肌の人の化粧品選びには、肌に優しい化粧水を前提にポイントを抑えて、選ぶようにしましょう。敏感肌が改善しないメカニズムとして、「乾燥肌から角質層の乱れ、また乾燥肌」と「角質層の乱れから肌のバリア機能低下からの刺激による炎症、角質層の乱れ」など、この2つの最悪な状態が繰り返されます。このような悪循環から抜け出す為には、肌のバリア機能向上と乱れた角質層を補い、改善することが必要なのです。

肌に優しい化粧品について

肌の質は乾燥や外的刺激の紫外線などで、常時変化しており、洗顔時や化粧水が肌にしみて痛いといった事はありませんか。そんな経験をしている人は、今使用している化粧品でそんな思いを毎回している人は、一度化粧品を見直した方が良さそうですね。肌を刺激から守ってくれる化粧品は、肌に刺激の少ない化粧品です。肌への負担を軽減し、バリア機能を持つ化粧品を選ぶようにしましょう。

乾燥肌

乾燥肌の化粧水

乾燥の肌に使用する化粧水

乾燥している肌の多くは、肌の保湿量が不足しているのが原因です。現在使用している化粧品で、乾燥肌が改善されないのは何故でしょうか。肌の角質層が乱れることで、保湿が肌の内部まで浸透されることが難しいのです。このような乾燥肌の人には、セラミド成分が配合されていて、更に肌に浸透しやすい微細の成分の化粧水を選び、肌の角質層を整えましょう。

保湿性の高いクリーム

乾燥しやすい肌をしている人は、十分な保湿が必要です。そこで、ナノクラスのセラミド配合保湿クリームを選び、高保湿及び高バリア機能を保持する保湿性の高いクリームを選ぶことが良いでしょう。しかも肌の保湿には、保湿クリームだけに頼らず、乾燥を防ぐために時期的により、加湿器を使用するなどの工夫で効果が得られます。セラミド配合保湿クリームには、保湿を保持するだけでなく、水分の蒸発を防ぎ、外部からの紫外線・ホコリなどの刺激や乾燥から肌を守ることが必要不可欠でしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ